鼻にも使われている

ヒアルロン酸は今やなくてはならない成分で、美容、医療の分野で大活躍しています。ヒアルロン酸は、元々体内に備わっている成分で、加齢とともに減少してしまうものです。潤滑油の役割を果たすため、体内には関節などの接合部に存在します。そんなヒアルロン酸が少なくなってしまうと、皮膚はかさつき、関節部分は軋み痛みを生じますし、部位によっては動かしづらくなってしまいます。

ヒアルロン酸に注目した美容業界は、美容液への配合のみならず、注射で幹部に直接注入することをしていいます。それが美容整形外科では可能なのです。顔の様々な部位に施すことができます。

例えば顔のシワ、そこにヒアルロン酸を注射すると皮膚にハリと弾力が出て、シワが目立たなくなります。また、鼻筋を通すためにも使われています。鼻筋を通すための手術となると大手術になってしまうのですが、ヒアルロン酸を注射すると同じような効果を得ることができます。くぼんだ個所に注入することで、ハリが出て、スッと通った鼻に変身です。これなら数分でできますし、手術のように入院をする必要もありません。また、縫合もないので、注射の鍼を刺した部分の内出血がおさまるのを待つだけですので、周囲にも分かりづらいです。